FC2ブログ

日々是上等

日記のような呟きのような。 毎週水曜日更新(希望)多忙時は予約投稿してみたり(笑)

2006年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トレス台様

ずっとアートカラー社のトレス台を愛用しております。
そろそろ寿命が来てるぽいのと
アシスタントさん予備用にもう一台購入を検討中な現在。

最近はらんぷシートや薄めのトレス台も出回ってますよね。
評判を聞いたり、ネットでリサーチしたりしてるんですけど
イマイチ決定打に欠けております。

原稿用紙を縦置き出来るサイズがいいので
サイズ的には今使ってるヤツ(W570×D370)が最適なんですけど
ちょっと重いし、目の疲れを考えると
他のメーカーにした方がいいのかなあとか。
あんまり高価なのも困るしなあ……


そんなわけでこの数ヶ月
トレス台様が不機嫌にならないように祈りつつ
おっかなびっくり仕事しているわけです。
今月も頑張って下さい、トレス台様。


あ!冬祭りに関してですが。

補完本の発行はまだちょっと未定です。
決まり次第お知らせしますね。
どっちにしろイベントに参加するつもりではおりますヨ

ちなみに31日・日曜日の西る-33bです。

補完本発行の暁には
冬コミ以降のイベントや通販等で
出来るだけたくさんの方のお手元に
届くよう善処したいと思ってます。

てゆうか、ホントに出せるかどうかが…
スポンサーサイト

| オフレコ日記 | 21:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

コミックスが出ますよ・2

明日、コミックスが出るんですが!
shibari_c2.jpg


くど!

すいません…
1巻目はほんとにほんとにキンチョーするんです…

発売のフェア(なのかな?)をブックファースト渋谷店さんでやって頂けるそうです。
全国の書店さんに回っているPOPの他に
色紙飾って頂けるそうな…
ありがとうゴザイマス

渋谷で一番おっきな本屋さんです。
実は私も資料探しに時々行ってます…(笑)

渋谷に行かれる際はちょっくら立ち寄って
眺めていってやって下さい。

でもって出来たら お買い上 げ …… … …



感想ナドナド是非お聞かせ下さいッ

| 仕事関連 | 19:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

コミックスが出ますよ!

おかげさまで

縛り屋小町の1巻が出ますよ




11月16日発売です。
コマカイ事は言いません。
えええと……買って下さいっ

いや、借りてもいいんだけど…
出来たらお買いあげ下さると……えへ!


発売に連動して書店さんにPOPを置いていただいたり
色紙を飾っていただけたりするみたいです。
詳しいことが分かったらまたお知らせしますネ。


去年の今頃はまだ『女王様の犬』を描いていたのに
月日の経つのはアッと言う間ですのねえ……

こうやって早くも単行本にしていただけるのは有り難いことです。
続巻も出していただけるように
雑誌の方も頑張ってゆきますね。


≫ Read More

| 仕事関連 | 18:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

生きている化け物

国立科学博物館で開催されている 「化け物の文化誌展」
に行ってきました。

昔から古今東西の「不思議」とか「架空の生物」と
言われるものが大好きで
そんなマンガばっかり読んだり描いたりしているわけですが(笑)
「化け物」や「妖怪」を民俗学から見ることに興味があります。
そんな私にとって垂涎の展示会。
行かないわけにはいかないです。

今回は単に「化け物」と呼ばれる「モノ」の
記録を展示するのではなく
日本人がそれらの「モノ」をどう見ていたか?
と言う方面からのアプローチ。

もちろん触りだけなんですけど、初心者にも分かりやすく
稲生物怪録とか三才図とか…
ある意味、ミーハーな展示内容で楽しかったです。
大好きな月岡芳年の浮世絵もあってらっきーv

河童と人魚のミイラも来てましたよー。
どう見たってニセモノなんですが(笑)
真偽がどうと言うんじゃなくて
昔の人たちの中に「生きていたモノ」と考えるとワクワクします。
妖怪の絵とか百鬼夜行図とか、ほんと豊かなんだよなあv


そんなこんなで、民俗学としての「化け物」について
特集が組まれておりまして。
柳田国男や南方熊楠などのメジャー所は私も知っていたのですが
寺田寅彦さんのことは名前くらいしか知りませんでした。

この方、物理学者さんなんですね。
科学と文学の融合を試みた方だというのは
帰ってからすぐネットで知りました(笑)

展示されている随筆の抜粋を読んでいる内に
なんだかめちゃめちゃ切なくなってしまって
あまりにも私的にツボな文章で、
泣き出しそうになってしまいました。
明日本屋行って、随筆買ってくるー!

かつて化け物と呼ばれた事象の多くは
今では科学の分野で説明できるけど
今の科学もまた、100年後から見てみたら
化け物話にすぎないかもしれないわけで。
化け物は絶対にいなくならないんだなあ。


そんなこんなで。
妙にテンションの上がったまま
せっかく来たんだからと常設展の「恐竜コーナー」も覗いてゆきました。

科博にきたのは何年ぶりになるんだろう?
前に来た時はまだ恐竜の骨格標本展示が無かったので
恐竜さん達にお目見えするのは初めてです。

すごいね!でかいね!

部屋に入った瞬間からもう超ドキドキして
ひとりでキャーキャーゆってましたよ。
小さい頃から恐竜大好きだったんだもん。
幼稚園の頃、恐竜の絵ばっかり描いてたもん。
(多分今でも描ける・笑)

あんな大きなモノが生きていたんだなあ。
海を泳いだり、草原を走ったりしたんだなあ…

kahaku1.jpg


とかいろいろ想像したら、また泣きそうになったり(笑)
ティラノサウルスの標本前では被捕食者な恐怖感を感じたり(笑)

kahaku2.jpg


修学旅行生に混じって
ひとしきり妄想にふけった上野行脚でした。
ほんとに好きなのね、この手が(笑)

博物館は楽しいなあ。
今度はもっとゆっくり観て回りたいっす!

| オフレコ日記 | 21:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

女だらけのタコ焼き大会

確か去年も同じ時期にやってたような……?
恒例行事になりつつある
『ドキ!女だらけのタコ焼き大会・第2弾』
と、銘打ってホームパーティもどきをやってたわけですが。

よく考えたら『女だらけ』じゃなかったです。
お子様連れのお子様は『男子』でしたー。
去年もそうだったんだ、ごめんごめん。

女子8V.S.男子2のハーレム状態。
しかも男子のウチひとりは乳児なので
K君(一歳半)の独壇場でした(笑)
アイドルですよv王子ですよv

にしても、子どもの成長って早いんですねー。
2ヶ月前会った時より格段に進化してるんだもん。
すごいよなあ。神秘神秘。
その分、お母さんはホントに大変だ。


でもってタコ焼きの方と言えば
前回の轍を踏まないよう、具材は多めに用意。
スタンダードなタコ焼きの他に
シーフードミックスやはんぺんや明太子、
果てはオクラまで入ってました(笑)
生地の方にモロヘイヤ粉をいれたのも美味しかったです。
次は是非カレー粉入れてみよう。

061102-1.jpg


2回目ともなると手順も慣れたもので
前回より余裕があったような気がします。
その分、いろいろ語る時間が長かったような……
女子のストレス解消はなんつってもお喋りだもんね!(笑)
何にせよ楽しんでいただけてたらこれ幸い。


| オフレコ日記 | 21:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。