FC2ブログ

日々是上等

日記のような呟きのような。 毎週水曜日更新(希望)多忙時は予約投稿してみたり(笑)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

暗闇の語らい2009

去年は惜しくもSOLD OUTで逃した
暗闇体験イベント『ダイアログインザダーク』
今年は行ってきましたよ!

これは、全く光のない暗闇の空間で
視覚障害者の方の世界を体験しようという趣旨から始まった
ワークショップイベント。

現在はそれにとどまらず、
コミュニケーションの再認識や
視覚障害者の方々の雇用の機会としても
試みられているようです。

参加するのは今回で3回目。
毎回違うシチュエーションなので
今年はどんな趣向で来るのかな?と楽しみにしてました。
今年も面白かったですよ!

ちなみに前回の日記はこれ

内容はネタバレになっちゃうので追記の方に……






内容としては

様々な日常の状況(森とか道とか家の中とか)を
設定された暗闇の世界を
視覚障害者の方をアテンドに、
白杖を持って数名一組で廻ります。

なんにも見えないです。
本当の暗闇。
自分の目の前に持ってきた手のひらが見えません。


なので。

「日頃いかに視覚に頼って生活しているか」を感じます。

目に見えているモノの形、色だけでなく
温度や音、味、触感なんかもひょっとしたら
視覚情報として捉えてるのかもしれないと言うほどに。

目で観た情報から
自分の過去の記憶と照合してモノを認識してるというか。

でも、会場は真っ暗闇。

視覚情報が入ってこないから
脳にとっては異常事態なワケで。

他の感覚が総動員して状況を判断しようとするんです。
だから感覚が鋭くなるのかな。

実際のにおいや味や手触りって
こんなんだったんだ…って改めて感じられました。
ちゃんとそのものを喚起させられるんですね。

筍は筍ってわかるんだ。
手探りでもドアの鍵を開けられるんだ。
ウーロン茶ってこんなに苦かったんだ。

……って。

人の気配とか…音の場所とか……
物のある場所を感覚で把握しようとしたり
全感覚総動員で頑張る私の脳みそ。


勿論、初対面の方と一緒に行動するわけで。
最初はみんな赤の他人なんだけど
真っ暗な会場内では
助け合わないわけにもいかないから
徐々にうち解けて行くというか
回り終わる頃にはチームワークが出来上がっているという…

日常ではあんなに初対面の方と話さないものなあ。
コミュニケーションのあり方としても面白いのです。

そんなこともあって。

以前は『暗闇での自分の感覚の変化』を感じるため
あえて独りで参加していたのですが
今年はふと『暗闇で友達を見つけた時の感覚の変化』を感じてみたいと思い
友人作家さんに付き合ってもらいました。

思った通り、光のない世界で
友達が一人混ざってる安心感ったら!
基本ビビリのヘタレですから、私(笑)



そんな具合に
日常使わない感覚を使ったせいか
会場を出たら結構疲れてました(笑)
ほんの小一時間歩いただけなのにね。

視覚障害者の方には
それが日常だと考えると
暢気に「面白かった」と言ってる場合じゃないのかもしれませんけど

自分の感覚を再認識するのは
やはり興味深い体験です。
自分の体だけど、不思議だなあって。



ええもう、そんな状況にもかかわらず
目で見えないはずの周囲の状況を
必死で視覚情報化しようとしてる私の脳みそ。
見えないはずの物を『見よう』としてるの。

でもその想像の景色は白黒なんです。
しかも微妙にマンガ画面っぽいし
トーンが張ってあるっぽい…?


しょくぎょうびょうです(笑)



| オフレコ日記 | 10:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://id74.blog32.fc2.com/tb.php/159-b360036b

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。